色を選ぶ

子どものやる気

愛するみなさん、こんにちは

心の整理整頓手伝い人、ハートオーガナイザーのひろこです。

保育園の2歳児さんの製作をした時のこと

赤、青、黄色の画用紙をTシャツの形に切ったものと、いろんな模様のついた折り紙をハサミで一回切りできるように8等分したものを用意しました。

子どもたちに「どの色がいい?」と聞くと

もう嬉々として

「青!」

「黄色!」

「赤!」

と選びます

他の子が違う色を選んでも、ほとんどの子が最初に選んだ色を初志貫徹。

 

折り紙も「どれがいい?」と全部並べると

さっと見て、「これ!」と選んでいます。

「他にもこういうのもあるよ?」と言っても

「これでいいの!」

 

なんというか、清々しいまでの直感モード

 

大人が見たら「青に、青の折り紙乗せたら暗くなるよねー」とか

「この色の組み合わせってどうかな?」とか

まさしく左脳の思考と理論モードに突撃しちゃう場面

そして

「こっちの方がいいんじゃないの?」とか「もっと可愛くしたら?」とか、要らない助言をしてしまう。

 

使う色にダメな色はありません。

子どもは、その色を使って自分を表現しているのです。

それを受け止めてあげれば、それでいいのです。

 

製作をしている時、子どもたちは、とっても意欲的に取り組んでました。

「色を選ぶ」という行為は

「自分で決める」ということに繋がっています。

自分で決めたから、頑張れるんです。

そこで、大人があれやこれやアドバイスしてしまうことは

「自分で決める」経験を奪ってしまっているんじゃないでしょうか?

 

子どもの、素晴らしい直観力を大事にしてあげたいですね!

 

 

ちなみに、子どもが選んだ色と、普段のその子の様子を見て「なるほど〜」と思いました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA