休息すること

休息すること

心の整理整頓手伝い人、ハートオーガナイザーのひろこです。

梅雨もあけて、本格的な夏がはじまりますね。

夏休みを取って、何処かにお出かけという予定もあるかもしれませんね。

 

休みというと、幼稚園にはじめて勤めた時のことを思い出します。

その頃はまだ、世の中も週休2日じゃなくて、幼稚園は土曜日半日、日曜日休みで、有給なんて何?って感じだったし、夜遅くまで仕事してても、持ち帰りの仕事を徹夜でしても、残業代なんてないし。

でも、それを何とも思わなかったんですよ。まぁ、世間知らずだったのもあるんですけど、周りの先輩方も、そんなもんみたいな感じでしたし
幼稚園とか保育園は、未だにそういう風潮ありますね。

 

私は企業型の保育園と、昔からの社会福祉法人に勤めたことありますが、社会福祉法人の方が、その傾向強いような気がします。

やっぱり、子ども達の為に良いことをしてあげたいと思う人達なので、みんな基本良い人なんですよ。一生懸命だし。

 

でもね。

子どもと関わっている時って、意識してなくても、常に緊張状態なんですよ。

やっぱり命を預かっているということは、大きなこと。

 

それが1日中続くと、気づかないうちに疲労していく。疲労が溜まると、余裕を持って子どもと関われなくなる。結果、子どもの為と思っていることが、子どもの為じゃなくなるわけですよ。

 

だから、ちゃんと日中、子どもと離れてリセットする時間は、とても大事。

 

なので、休憩をちゃんと取って欲しいし、上の人達も、個人の頑張りに任せるんじゃなくて、休憩を取る意味を伝えて、ちゃんと取れるようにして欲しい。

とは、言っても休憩時間に、書類とか集中できるものをする人も多いから、結局仕事してるんだけど💦まぁ、それでも子どもから離れているだけでも心理的には大きいのです。

 

同じように、お母さんは、仕事以外の時は、ずーっと子どもと一緒です。

子どもと一緒にいることに、毎日発見を見出して楽しめる人もいますが、そうでない人もいるでしょう。

楽しめないのは、余裕がなかったり、心配や不安があったり、体調が良くなかったり、ということがあるからなのだと思います。

少し、自分と向き合う時間を持って、どうして楽しめないのか、可愛く思えないのか、不安になるのか…を考えてみてください。

それは『自分が悪いから、至らないから』が原因とかではありません。

子育てには、マニュアルがないのですから、誰しも手探りなんです。発達の目安はあっても、みんながそれ通りに行くわけではないんです。

みんな、自分なりの子育ての『正しさ』を模索しながら育てている

その人の『正しさ』が、自分の子育てに全て当てはまらなくても良いのです。

 

子どもは、1人1人違うのですから、その子にあった子育てや関わりがあって当然ですよね。
自分の子どもの幸せを願わない親はいません。その思いは、ちゃんと子どもに伝わります。

だから、子どもは、お母さんが大好きです。

あっ!もちろん、お父さんもね(笑)

 

大好きな人が笑顔でいること、それは子どもの幸せです。
そのための1つとして『休息』すること。

 

大事ですよ。