同じじゃないから美しい

同じじゃないから美しい

心の整理整頓手伝い人、ハートオーガナイザーのひろこです。

今回、JEEP島というミクロネシア連邦チューク州にある、小さな島に行ってきました。

南の海にポツンと浮かぶ小さな島

誰もが南の島の絵を描くと、一度は描いたんじゃないかと思うような、海、島、ヤシの木

ここで初めて会う方たちと、雑魚寝の共同生活

バケツ一杯の雨水でのお風呂

もちろん携帯なんか通じません

 

でも、そんなのどうでもいいくらいの美しい海と空

刻々と変わる景色や優雅に泳ぐ魚たち

泳ぎたければ泳ぎ、砂に寝転びたければ寝転び、サンゴや貝殻を集めてコレクションしたり

満天の星空の下で、怖いぐらいの波の音を聞く

 

普段の生活が、いかに時間に追われ、急かされているかを感じずにはいられません。

 

「待てない子どもたち」が問題になったりしてますが

小さい子どもたちは、初めはものすごい観察力と集中力を持っています。

同じことを何度も繰り返し遊んだり、ありんこをひたすら追いかけたり、いろんな石を集めたりしていますよね。子どもの様子思い出してみてください。

じゃあ、なんでそれが無くなっていくのか。

それは、すでに日本の社会自体が「待てない」世の中になっているから。

 

「早くしなさい」

 

その言葉が、心に浸透してしまうほど、小さい時に聞かされてしまっているのではないでしょうか。

 

 

1日、時計をはずして、電子機器から離れて

明るくなったら起きて、暗くなったら寝て

お腹が空いたら、みんなでご飯を作って

自分の身の回りにある自然をじっくり観察してみて、不思議に思う気持ちを感じる

そんな生活をしてみてはどうでしょう?

 

きっと、自分の身の回りに「当たり前」にあるものが

どんなに素晴らしいものか、感じることができるはずです。

そして、それぞれが自分の役割を果たすことで「調和」していることに気づくはずです。

 

「当たり前」にあるものは「当たり前」ではありません。

どれも「同じ」ではありません。

考えてもみてください。木や花がみんな同じだったらどうでしょう?

同じじゃないから、美しいんです。

 

あなたも、誰かと「同じ」ではなく、オリジナルな存在です。

あなたがあなたでいること

それを認めあえること

それが、美しいのです。