食べたいものが判ること

心の整理整頓手伝い人 ハートオーガナイザーのひろこです。

先日、ジープ島で知り合いになった方のお店に、これまたジープ島で知り合いになった方と一緒に行ってきました。

プチ、ジープ島会(笑)

ジープ島についてはこちら「同じじゃないから美しい

場所は

こころ味「あじなお」

http://ajinao.com/

 

旬の新鮮自然野菜と天然魚介を用いて、出汁と素材にこだわって丁寧に作る和食の味です!

ひとつ、ひとつがとても優しい味で、食べ終わるのが惜しいくらいでした。

 


 

そして、食べながら色々話をする中で、

「何が食べたいか?を自分でちゃんと判っている?」

という話が出ました。

 

そう言われると

「何が食べたい?」と聞かれると、「何でもいい」と答えてしまうこと多いかもしれない。

あなたはどうですか?

 

それは、あまりお腹がすいてなかったり、作ってくれる人に気をつかっていたり、色んな理由があるかもしれませんが、

自分が何が食べたいか判らない

ということもあると思います。

 

それは、

自分の心の声を聞けなくなっているから。

なんだそう。

友達と一緒にランチに行って、「何する?」「〇〇ちゃんの食べたいのでいいよ」なんて言うことありませんか?

 

社会人になるときに、それまで自分の心ではなく、とりあえず周りが良いという道を歩んできて、社会人になると急に、自分で決めることが多くなって、どうしていいか判らないって不安になる話を聞いたりします。

 

なんで、自分で決められないのでしょう?

 

 

考えてみてください。

子どもの頃よく言われるのが「親の言うこと聞きなさい」「先生の言うこと聞きなさい」「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」「きまりだから」「集団生活だから」とか。

ね、周りから「こうあるべき」って決められてません?

 

だからと言って、社会規範や、危険なことや、生命を脅かすことに対して、何でもオッケー👌しろということではありません。

それはただの放任ですから。

 

ただ、「あなたはどうしたいの?」と聞いてあげること。

それはとても大事だと思います。

 

保育園でも「〇〇したかったの?」「〇〇が良かったの?」と聞いてあげると、それまでウギャー‼︎ってなってたこも、ふっと力が抜けるというか、落ちつく瞬間があるんです。
それで、少し間があって「〇〇したかったのー」と、ぼそっと呟いたりします。

その瞬間、外に飛んでいた意識が、その子の中に戻っていて、そして少しの間に、自分が何を望んでいたのか、自分に問いかけ確認しているのかなと思うんです。

 

現在の世の中は、とても早く物事が進みます。

それで、静まって自分に思い巡らすということが出来ずにいます。

 

「まずは、自分が何を食べたいか?を聞いてみたり、何か食べたり飲んだりしたいなと思ったら、それを満たしてあげることからやるとはじめやすいよ」

と、教えてもらいました。

 

自分が何をすればいいのか判らない。

自分が望むことが判らない。

夫でも妻でも、親でもなく、子でもなく、彼氏彼女でもなく、職場の役職ではなく、様々な外の役割を取り去った時の自分って何?

 

「自分」に意識を向けるひとつのステップとして
心が望むものを食べたり、飲んだりして、心を満たしてあげる。

 

やってみよう。

あじなおさんの「おまかせメニュー💖」

手間をかけた冷汁。テレビで見たけど、見た目以上に作るのに手間かかるんだよねー、これ。

お塩はオーストラリアの天日干しの塩。

がんもの中に色々入ってるんだよー。

ナスって生で食べると甘いのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA