子どもと関わる仕事をしたい方へ 〜幼稚園と保育園〜

愛する皆さん、こんにちは

心の整理整頓手伝い人 ハートーガナイザーのHIROKOです

 

今回は、子どもと関わる仕事をしてみたい!と思っている方へ、保育園、幼稚園両方働いてみた私の経験から、様々な条件について書いてみたいと思います。

子どもに関わる仕事といえば、保育園と幼稚園がありますが、保育園と幼稚園って何が違うのでしょう?

大きな違いは、対象年齢が保育園が0歳児から、幼稚園は3歳児から。最近は幼稚園もプリスクールとして2歳からあるところもありますね。

あと1つは、幼稚園の管轄は文部科学省、保育園の管轄は厚生労働省ということでしょうか。
なぜ、管轄が違うかというと、園の目的が異なっているからです。

幼稚園は、小学校入学前の「教育施設」であり、保育園は、乳幼児を保護者に代わって預かる「児童福祉施設」なのです。

 

私は、はじめ幼稚園にいたので、保育園は養護を主としているから、教育的要素はないと思っていました。
なので、正直言うと、保育園より幼稚園の方が上と思っていたのです。ごめんなさい。

でも、保育園で仕事をし始めて、教育的要素満載だな!と思いました。むしろ、幼稚園より熱心かも(園によりますが)

ただ、長時間園にいるので、やはり生活面での配慮は大きいと思います。それに、保育園は福祉施設なので、家庭や子ども自身に問題を抱えている子も幼稚園よりは多いのではと感じます。

最近は「認定こども園」と呼ばれる、養護と教育を一緒にした園ができています。今のところ、社会福祉法人の保育園は、将来的にすべて、認定こども園になっていく計画のようです。

教育も政治の流れの影響を受けるのですよ。

だから若者の皆さん、子ども達により良い環境を与えられるように、選挙に行きましょうね!

それはさておき、子どもと関わる内容以外での違いを挙げてみます。

 

<入園>

幼稚園は、だいたい、自分で選んで「この園に入りたい!」と思って来ているので、園の方針や内容を親も理解してくれてます。認定こども園は、保育園側で受け入れ対応になるという話を聞いていますので、確認してくださいね。

<休園>

幼稚園は、学校に準じているので、土日祝休みの他、春休み、夏休み、冬休みがあります。保育園は、その園によって違いがありますが、だいたい日祝と年末年始くらいでしょうか。
幼稚園は、感染症が流行り、欠席が多いと学級閉鎖になります。天候等によっても休園になったりします。保育園は、感染症が流行っても、大雪も、大雨も、休園ということはありません。

<勤務時間>

幼稚園は、皆同じ時間に出勤して、終わりもだいたい一諸です。会社みたいに。8時から17時が多いのかな。お昼も子どもと一緒に食べ、勤務時間内に休憩がないことがほとんどだと思います。<保育園は、園の開園時間によってシフト勤務です。8時間労働の場合、1時間休憩がありますが、その時間に連絡ノートを書いたり、会議をしたり、係りの仕事をしたりするので、休憩という名の仕事をしてることが多いですね。優雅なランチタイムは望めないです

<仕事内容>

仕事を進めるにあたって、一番の違いはここにあるかな。
園によって違いがありますが、私のケースを書きます。
幼稚園は、子ども達が帰った後に、会議や保育の準備をします。延長保育も行っているところもあるとは思いますが、毎日少しの時間は、子どもがいない時間があるので、そこで色々進めることが出来ますし、春休み、夏休み、冬休みの間に年間の計画や振り返りや、書類など集中してこなせるので、書類関係には割と時間が取れるかと思います。

保育園は、子どもが寝ている1時間〜2時間位の間に、多くの会議やら研修やら係の話し合いが入ってきます。子ども達の様子を話しあい、どんな環境を用意しようとか、その準備とか、そういう時間がなく、シフト終了後、同じクラスの先生達のシフト終わりを待って、打ち合わせや準備をする感じです。

園の始まりから終わりまで子ども達がいるので、保育室の準備は閉園後じゃないと難しいこともあります。
幼稚園も保育園も園でしかできないものを園でやって、家でできる仕事は持ち帰ることも多いです幼稚園も保育園も体力勝負なところがあるので、本来仕事場で全てが終わるのが理想なのですが、なかなか難しいところもありますね。

ここは、本当に園によってだいぶ考え方や、やり方が違うと思います。
園を選ぶ時、話し合いや準備がどの時間帯にどのように行われているのかを知る事ができるといいですね。ここが実は現場で働くと、不満が多いところなので。

<有給>

私は、幼稚園に8年少し勤めましたが、有給をとって休んだことありません。

39度の熱があっても、交代の先生がいないので、ふらふらになりながら行きました。まあ、全部でないにしろ春休み、夏休み、冬休みがあるので、それで賄ってた感じですね。

保育園は、さすがに体調不良だと休みます。仕事をしている方のお子さんを預かってるので、子どもにうつしちゃったら働きに行けなくなっちゃいますからね。

その他の休みは、認証保育園に勤めていた時は、休みたい日があれば前月の締め日までに申請すれば、シフトなども調整して組んでくれていたので取りやすい仕組みではあったのですが、まあ取りませんね。

だって、人いないんだもん。

夏は子どもの登園人数によって交代で夏休とりますが、ここも園によって違いますね

就職したての時は、やる気満々、希望に満ち溢れているので、乗り越えられますが、3年ぐらいすると、これまた不満が出てくるところです。自分がどんな風に働きたいのか?しっかり考えておきましょう。

<給料>

重要ですよね、これ私、幼稚園の1年目の給料は手取り9万円でした。今はそんな事ないと思いますが。

保育園は認証保育園の時は、幼稚園の経験が全く加算されなかったので、手取り13万今の社会福祉法人に勤めて7年目で、ようやく手取り20万です。転職重ねてるんで仕方ないですけどね。

最近は、政府から加算されている部分があるので、少し増えた感ありますが、それもいつまで続くかわかりません。

幼稚園や保育園は、企業と違って生産して売り上げ伸ばして、とかそういうのないので、決められた予算の中でのやくりくりですから、仕方ないところもあります。

社会が子育てにもっとお金をかけよう!って思ってくれれば変わると思います。

<残業代>

基本、ありません。給料の中に含まれている場合もあります。

残業代もらってたら、相当いいと思います。すごい残業してるし、持ち帰りの仕事もしてるしね。

園が認めた会議や準備などに要した時間に対しては、払われることもあります。

 


 

こんな感じですね。どうですか?

幼稚園の先生や、保育士は、仕事内容からしてみれば、結構厳しい状況です。

何せ命をお預かりしているので、アレルギー対応や怪我対応や病気の対応なども必要ですし、環境にも配慮しなければいけません。

よく言われますが「子どもと遊んでるだけでいいねー」というような、お気楽な職業ではないです。

子どもたちがよりよく過ごせるように、保護者さんの子育てに寄り添えるようにと、日々頑張っている人が殆どです。

その子の命を預かり、その子の将来の基盤となるもの作る大事な時期です。

どんなに経験を積んでも、学ぶべきことは沢山あります。

そして、子ども達を通じて気づかされることも、いっぱいあるんです。

自然の美しさ、季節の変化、日本の伝統行事、食事の美味しさ、感謝の気持ち。
人体の不思議、人との関わり、個性、社会の縮図がそこにあります。

また、子ども達がぶつかる壁に、多くの大人達がまだ、つまづいたままだということも事実です。

それは子どもの頃に培われた意識が、大人になってからも人生を左右しているから。

何気ない大人の一言、何気ない大人の態度。

そういうものが記憶の深くに沈み、影響を与えています。そのくらい、0−6歳までの関わりは、とてもとても重要なのです。

幼稚園や保育園は、その他にも様々なことをするので、園である程度勤められたら、どこでもやっていけるんじゃないかなーって思います。

 

大変だけど、自分自身も成長できますよ。ぜひ、チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA