やる気はどこからやってくる?

愛するみなさん、こんにちは

心の整理整頓手伝い人ハートオーガナイザーのHirokoです。

みなさんは、やる気を継続することができますか?

私は熱しやすく冷めやすいタイプで、ミッションはグリーンの記事でも書きましたが、とにかくコツコツ継続が苦手です💦

学生時代、コツコツ努力の妹が私によく「お姉ちゃんも、もっとちゃんと頑張れば、もっと出来るのに」と言っていましたが、興味ないことは全然頑張れない。

赤点じゃなきゃいいやーぐらいな感じで、やる気なし。

そんな私も、勉強が楽しい!と思えたのは、短大の時。

興味あることがいっぱいで、もっと知りたい!もっとやりたい!という気持ちが湧いてきて、学校の勉強もこういう風にやる気になれたら楽しめたのになぁと思ったものです。

先日、新聞に読売新聞と玉川大学との共催で行われている講座の内容が掲載されていたのですが、面白い内容でした。

題目は「人間のやる気を脳科学で解明ー自由と平等の大切さー」

やる気というのが、どのような条件で生まれるのかという内容です。

http://www.tamagawa.jp/education/report/detail_14731.html

やる気を起こすには、動機が必要ですが
動機には、内発的動機づけと後発的動機づけの2種類あり

内発的動機づけが、やることそのもの自体に取り組むということに対し、後発的動機づけは、ご褒美やお金などの外的報酬を得るために取りくむこと

では、どちらの動機づけのほうが、やる気を保つことが出来るのでしょう?

例えば、絵かきが好きな子どもに、上手に描けたらご褒美をあげると約束して絵を描いてもらうと、ご褒美をもらった後、お絵かきが好きでなくなることがある。
絵を描くこと自体が目標だったのに、ご褒美が目標にすり替わり、内発的動機づけが下がることがあります。

これを「アンダーマイニング効果」というそうです。

この効果を引き起こし、MRIを使用して脳の反応を見た結果、
報酬を設定した方は、報酬がなくなると脳の活動が著しく低下したけれど、最初から設定のなかった方は、何ら変化なく、その後も与えられたものに触れる機会も多かった。

そして、それに加えて「選択の自由」と「機会の平等」があると、前頭前野腹内側部の活動が高まることから、人間の内発的なやる気や嬉しい気分に大いに関連しているということが判ったそうです。

 

子どもに「〇〇できたら、〇〇してあげる」という言葉かけ、してませんか?

やる気を持たせるために使っていることが、じつは逆にやる気を削いでいるということに、ドキッとしますよね。

もしそうなら、子どもに対する言葉かけを見直してみるといいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA