まっくろネリノ

みなさん、こんにちは

心の整理整頓手伝い人、ハートオーガナイザーのひろこです。

この絵本『まっくろネリノ』ご存知ですか?

 

まっくろネリノは、こんな内容です。

まっくろのネリノは、兄弟が色とりどりの綺麗な色をしているのに、自分が黒いことに対して、劣等感を持っていましたが、黒いことが幸いして、捕まえられて兄弟を助けることができます。

絵本ナビhttp://www.ehonnavi.net/sp/sp_ehon00.asp?no=398&spf=1

 

兄弟のような素敵な色になりたくて、色々考えるネリノ。

私たちも、他の人のことを見て「あの人素敵だなー」と憧れて、真似してみたりしますよね。でも、結局その人にはなれない訳ですから、それで逆に劣等感を持っちゃったりもします。

ネリノの姿に、自分を重ねたりして。

 

この話を子どもたちに読んであげた後、近くにいた子に

『〇〇ちゃんは、〇〇ちゃんだからいいんだよ♪』

『〇〇くんも、〇〇くんだからいいんだよ♪』

 

と言ってあげると、他の子も『僕はー?』『私はー?』と聞いてきて、順番に『〇〇ちゃんは〜』『〇〇くんは〜』と言ってあげると、すごく嬉しそうにしていました。

しかもその他の子も、じーっとこっちを期待のこもった眼差しで見ているので、結局、全員に言ってあげることになりました。

 

その間、もう言ってもらった子も、これから言ってもらう子も、ずーっと順番待ってたんですよね。

それを見ながら

『自分を自分として認めてもらえる』ということは、こんなに嬉しいことなんだ

なと、改めて感じたんです。
何が出来るとか、何を持っているとか、大人が言ったことをしたとかではなく

 

『あなたが、あなただから素敵だよ』

って
たくさん、たくさん言ってあげたいですね。

 

 

絵本って、子どもだけじゃなくて、大人も共感できるものいっぱいありますね。

子どもと一緒に絵本タイムしながら、著者の方が伝えたいことって何かなー?と考えるのも大人の読み方で面白いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA