あなたの今は子どもの未来、すべての未来

「あなたは自分が好きですか?」

 

こう問われて、あなたはためらいなく「はい!」と答えられますか?

私は「はい」と答えられない一人でした。

 

この豊かで平和な日本

なのに先進国の中でも、若者の自殺率が多く

そのため、子どもに『生きる力をつけさせよう!』

『自己肯定感を高めよう!』と

教育現場でも頑張っていますが

一向にその比率が変わっていないのは何故なのでしょう

 

 

「子どもは、周りの大人を見本に育ちます。」

 

子どもに一番大きな影響を与えるのは、やはり親です。

二十年近く子ども達を見てきて、

子どもの心の安定は家庭の状態に関係していると実感します。

ただ、それだけでなく、

親以外でも長い時間を共にする人も、社会も

子どもの育ちには大きな影響があるのです。

 

特に0歳〜6歳の子どもは

周りの環境の雰囲気さえも取り込むほどに敏感です。

そこでどんな言葉をかけられたか

どんな風に扱われたかが

深い心理に影響を与え、人生の基礎となっていくのです。

 

 

「自分を受けとめよう」

 

現代の社会は物事がとても早く進み

「早く」「早く」とせかされます。

静かに自分を見つめ、思いめぐらすという時間を持つことも

殆どないのではないでしょうか?

 

一見無駄とも思えるその時間

それがとても大切なことなのです。

自分を知り、自分を許し、自分を認め、

自分を「じぶんでいいんだ」と思えるようになれば、

自然と周りの人の生き方も認められるようになってくるからです。

 

そう、

子どもが「その子らしく」育つために、

側にいるあなたが「自分は自分でいいんだ」

と思えることが大切なのです

 

あなたが輝けば、子どもも輝きます!

 

子どもに、輝けるあなたの姿を見せてあげましょう

生き生きと生きましょう!

今、あなたが生きる世界が、楽しく喜びに満ちていることを、

子どもたちに教えてあげましょう!

 

そして、それは周りにも影響を与えて、つながって、

世の中がよりよくなっていくのです。

 

あなたが「今」をどう生きるか。

 

それが、子どもの「未来」に

そして、すべての未来に繋がっていくのです。


カラーセラピスト
生田ひろこ

認定ソウルカラーセラピスト
色育インストラクター
マザーズコーチングティーチャー
TCトレーナー
キッズアンガーマネージメントインストラクター
保育士、幼稚園教諭

自己紹介はこちら


最近の投稿